• SOSボタン
  • 貯水タンク

気を付けておく事

ラジオ

雨水タンクを設置するのであれば、気を付けておきたい事があります。

■こまめな手入れ
雨水を貯める為のタンクなので、タンクの中に小さなゴミが入ってしまう事があります。
また、藻等が発生してしまう事もあるので、こまめな手入れは、欠かさずにするようにしてください。

■水は使用する
防災グッズの一つとして置いている人は、「何かあった時に使用しよう。」と、雨水を長いこと貯めておくはずです。
しかし、長いこと貯めておくと、ボウフラが発生してしまう危険があるので、ちょっとした事にでも水を使うといいです。

素材

SOSボタン

素材によって、色々な特徴があります。

■ステンレス
雨に濡れてもサビたりしないので、長いこと使用する事が出来ます。
また、手入れもしやすいので、キレイに保つ事が可能ですが、太陽の熱を直接受ける事もあり、触ったら熱くなっている事があります。
なので、手入れをする時は、熱さに気をつけてください。

■木
オークといった、木の素材で出来ている種類です。木という事もあり、デザインが可愛らしいので、デザインを重視する人に向いています。
しかし、結構な重みがあるので、違う場所に移動させたい時は、何人かの協力を得て、移動するようにしてください。

■陶器
雨水タンクといえば、決まった形しかないイメージがあると思いますが、陶器の種類は、色々な形が楽しめます。
なので、設置する事で、インテリアにもなります。

■PVCコーティング
この素材は、普通とは違い、たたんで保管する事が出来ます。なので、持ち運びがしやすいだけでなく、必要な時に使う事が出来ます。

これら以外にも、素材には複数の種類があります。
防災グッズを売っているサイトを見ると、色々な素材を見る事が出来るので、それぞれの素材の特徴を把握して、選ぶ時の参考にするといいです。

設置するメリット

貯水タンク

「わざわざ設置をする必要がない」と思う人が、中にはいるはずです。
しかし、設置する事でメリットがあります。では、一体、どのようなメリットがあるのでしょう。

■水に制限が無い
雨水タンクは、タンクの中に入っている雨水がある限り、いつでも使用する事が出来ます。
なので、断水や災害が起きてしまった時等、水が必要になる場面でも、水の心配をする必要がありません。

■いつでも使う事が出来る
雨水タンクは、水道を通していません。なので、災害で水が使えなくなってしまった時でも、水を使用する事が出来ます。

■節約
雨水を使用出来るようにしているので、お金がかかりません。
なので、洗車や家庭菜園の水やり等、水を沢山使う場面で使用すれば、節約になります。

設置する事で、このようなメリットがおこります。
なので、設置していない人がいるなら、防災グッズの一つとして、設置しておくといいです。

Powered by pancreatin.org | Designed by: Free Wordpress Themes | Thanks to Hostgator Coupon, Anything Goes Tickets and Book of Mormon Tickets